ようこそ「らんらんカテキョ」へ

個別指導

個別指導とは、学習塾などでの指導方法の一つで、受験に強い進学塾など、一斉で授業が行われている集団指導の反対です。
個別指導は非常に曖昧な定義であり、独自の定義を学習塾ごとに持っていて、個別指導塾と言っても1人の講師が1回の授業で担当する生徒数が異なります。

また、複数の塾では1回の授業で講師1人に対して生徒2人の授業、生徒3人を担当する授業などが行われており、さらに、生徒5人授業、生徒10人授業としていても個別指導と名乗る塾もあります。結局の生徒何人までが個別指導というのか、何人以上を集団指導というかのか、受験に強いか否かが、明確に決まっているものではありません。
個別指導よりもっと1対1で徹底的に受験対策をするのであれば、家庭教師がお勧めです。

個別指導塾のメリット・デメリット

現在、個別指導の塾が急成長を遂げています。

メリット

まず第一に、別指導ということで、生徒一人一人に対して最も適しているカリキュラム行われます。また、最も家庭教師に近い形式で個別に指導してくれるきめ細かさが大きな特長と言えるでしょう。

授業のレベルを合わせてくれることで、集中した勉強ができるメリットで、また講義形式じゃなく、演習形式なので成績アップが比較的しやすいと言われます。

デメリット

デメリットとしては、授業料が高いことです。

普通の大学生が指導する個別指導でも、経験豊富なプロ講師が指導している大人数指導よりも、授業料が高くなります。
また、講師の質によって左右されやすいです。個別指導のチェーン塾では、普通の大学生が講師のバイトをしているところが多数も有ります。

ということは、ちゃんとした研修を受けていないということで、高度な指導力には期待ができません。もともと成績が低い生徒なら成績はアップすると思いますが、成績が中上位の生徒での成績をアップするには難しいことがありますので、指導力を持っている個別指導塾を探さないといけません。家庭教師なら受験まで分からないところを徹底して教え込んでくれます。

(c) らんらんカテキョ AllrightReserved.